短期間でお金を稼げる可能性のある期間工の仕事

期間工は直接雇用の契約社員

期間工とは、期間従業員とも呼ばれ、その名の通り期間を決められて働く、工場などの現場の作業員を指します。多くは、大手のメーカーの自動車工場や電子部品工場、家電工場などで、特別な技術やスキルがなくても対応できる業務につきます。雇用形態は派遣などではなく、会社による直接雇用なのが特徴です。

期間工の仕事のメリットとは?

期間工のメリットのひとつには、採用のハードルが低いことが挙げられます。学歴や職歴にこだわることなく、採用は健康診断や面接だけということがほとんどです。また、給与面でも好待遇のことが多く、短期間でお金が稼げるということもあります。しかも、ほとんどが寮などが完備しているので、生活費を抑えて暮らすことが可能です。その他の福利厚生も整っていることが多いので、安心して働くことができます。また、大手のメーカーで働いて、日本のモノづくりを支えるという自負も味わうことができます。さらに、正社員として雇用されるチャンスがあることもあります。

期間工の仕事のデメリットは?

期間工のデメリットは、その名の通り働ける期間が限られていることです。最大で働ける期間は35ヶ月で、その後半年は同じ職場で働くことができません。そのため、そのたびに求職をしなければならないことになります。また、仕事の辛さなどもデメリットとして挙げられます。たとえば期間工の仕事は、誰でもすぐできるものが多く、いわゆる単純作業が続きます。そのため、単純作業が好きという人でなければ、毎日同じ作業を続けていくことが苦痛に感じられることもあるといいます。

期間工とは、大手自動車メーカーや電子部品、家電などの工場で一定期間に働く契約社員です。決められた組み立てなどの製造ラインや検査をする作業がメインなので、未経験者や女性でも働きやすいことが特徴です。