警備員の魅力って何?警備員のメリットとデメリット

警備員は未経験者でも始めやすい

職業によっては資格の保有や実務経験の多さ、知識の豊富さなどが求められるケースもあるでしょう。警備員の仕事は、それらの条件がなく未経験者でも始めやすいのが魅力的なポイントです。警備員の仕事は日払いで給料をもらえることも多いので、なかなか仕事が見つからなくて生活するのに苦労しているという場合にもおすすめの仕事だと言えます。自分の都合に合わせて勤務日を決められる会社が多いのも、警備員のメリットの1つでしょう。夜間勤務もあり、夜間の仕事は日中の仕事よりも給料が良いので高額収入を目指している人は夜勤を選ぶのが効果的です。警備会社には研修が義務付けられているので、未経験者でも仕事を覚えやすいのも魅力的なポイントだと考えられます。

事故や事件に遭遇するリスクが高い

警備員として働くことのデメリットの1つが、事故や事件に遭遇するリスクが高いことです。警備員として働いているとクレーマーと出会うことも多いので、トラブルが発生しやすいと言えます。この事故や事件、クレーマーとのトラブルなどを回避するための手段として複数人でチームを組んで勤務を行う警備会社もあります。なるべくトラブルを回避したいのであれば、チームを組んで勤務を行っている警備会社に所属するのが良いでしょう。警備員は基本的には立ちっぱなしの仕事になるケースが多いです。そのため足や腰への負担が大きく、膝を悪くする可能性や腰痛を発症する可能性が考えられます。警備員として働くのであれば定期的にマッサージを受けに行くのが良いでしょう。

警備員の求人で処遇がいい条件があります。それは経験年数が多いことと柔道や剣道など武道に精通していることです。